Amazon S3にcnameで独自ドメインを紐付ける

前回はAmazon S3をWEBホスティング化にしました。その記事はこちらになります。

Amazon S3で子供たちが作ったWEBサイトやアプリを公開するスペースを準備しました!

今回は前回作成したS3のバケットにお名前.comで取得した独自ドメインを割り当てます。

お名前.comのcnameを設定

cname(Canonical NAME:正規名)を使って「site.corderdojo-nishinomiya.info」のドメインにアクセスがあった場合、S3でBucketを作成した時に付与されたURL(site.coderdojo-nishinomiya.info.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com)に転送されるようにします。
※転送といってもURLが変わらないです。URLは「site.corderdojo-nishinomiya.info」のまま「site.coderdojo-nishinomiya.info.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com」のページの内容が表示されます。

お名前.comにログインしてcnameを追加するページへ

ログイン後、ネームサーバーを「変更する」をクリック

ドメインNavi

DNS関連機能の設定をクリック

ドメインNavi 2

DNSレコード設定を利用するの「設定する」ボタンをクリック

ドメインNavi 6

ドメインを選択して、「入力画面へ進む」をクリック

ドメインNavi 7

CNAMEを追加する

ドメインNavi 5

これで完了です!

切り替わるまでに多少時間(TTLの設定時間)は掛かりますが、「http://site.coderdojo-nishinomiya.info/」にアクセスすればS3の「site.coderdojo-nishinomiya.info」のBucketの情報が表示されます^^

次回はAWSのIAMの機能を使って、コーダー道場西宮の子供たちのユーザーを作成します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です